お肌・アレルギーでお悩みの方は荒木医院へお越しください。

084-922-0199

受付時間9:00〜18:00

メディカルエステ WOMEN

メディカルエステ MEN

皮膚科

アレルギー科

その他の診療

医院案内

採用情報

交通・アクセス

よくあるご質問

メニュー一覧

体験レポート

料金表

お知らせ

WEB予約

個人情報保護方針

サイトマップ

爪のトラブル(水虫・巻き爪・変色)

爪のトラブル(水虫・巻き爪・変色)

【 爪のトラブル(水虫・巻き爪・変色) 】

症状・原因

爪のトラブルの多くは、指先の酷使やカビや細菌感染、爪への強い刺激などが原因で起こります。

【爪の水虫】
べったりと白く濁る、白い線が入る、黒くなる、厚くなる、巻き爪のように変形する、もろくなって粉々になる、などの症状が見られますが、かゆくなることはありません。
【変色】
出血やほくろによって、黒い線ができたり黒ずんでいる状態のものです。
【巻き爪(陥入爪)】
足の親指の爪の角がトゲのように皮膚に刺さって炎症を起こした状態です。深爪をしたり、合わない靴を履くことで発症します。

一般的な対処方法

爪水虫は原則として内服薬でないと治りませんので、足白癬のうちに治すことをおすすめします。爪が白く濁っているからといって水虫であるとは限りません。爪が黒く変色している場合には、黒色線条や爪下出血といった良性の皮膚疾患の場合と皮膚悪性腫瘍の場合がありますので、一度受診して検査することをおすすめします。
巻き爪(陥入爪)の場合は、手術による治療やワイヤーなどによる矯正が一般的です。当院では、出血がなく痛みも少ないVHO式矯正法を行っています。