MEDICAL ESTHE 05

レーザートーニング

通常は困難な肝斑の根深いシミを改善
肝斑 シミ くすみ アザ 毛穴

痛みの少ないレーザーで全てのシミを改善し、明るく透き通るような肌へ導きます

シミの元であるメラニンを排除するレーザー治療です。
肝斑だけではなく、シミやくすみなどの色ムラやアザも改善し、明るく透き通るような肌に導きます。
遅発性両側性太田母斑(後天性真皮メラノサイトーシス)、太田母斑にも効果的です。
レーザージェネシスとの併用をオススメします。

通常は困難な肝斑等の根深いシミの改善が可能

パワーを均一(トップハット)に照射し、シミの原因となるメラノサイトを活性化させずに徐々に薄くします。

治療の経過について

レーザーの衝撃波で点状出血が生じますが、ほとんどの方が4~5日で消失します。メイクは当日よりしていただけます。

施術直後
5日後
レーザートーニング
施術範囲
所要時間
約20分
痛み
パチパチと弾かれるような感じがしますが、通常は我慢できる程度の痛みです
予約の有無 この施術は予約が必要です。
施術者 医師
メイク 施術後から可能です。
洗顔 施術当日から可能です。強く洗わないでください。
施術の目安 4週間毎に継続治療をオススメしています。望まれる効果に応じて回数をお決めください。
準備物 保険証。必要な方はメイク道具をご用意ください。
注意 妊娠中またはその可能性がある方は施術できません。
治療前後の日焼けは避けてください。 治療後は保湿をしっかり行ってください。
他院において何らかの美容の施術を受けられている場合は診察の際に施術時期や種類をお知らせください。
1回の施術ですべてのお悩みが解決するわけではありません。
※所要時間とは、治療時間を含めた施術室内でのおおよその滞在時間です。
リスク・副作用・合併症 照射後、肌が多少赤くなりますが、冷却で2~3時間後には自然な状態に戻ります。
クールビタミントリートメントでしばらく冷やしてお帰りいただきます。
ピコレーザーの強い治療を併用された場合には、カサブタが生じます。
詳しくはこちら▶ピコレーザーページへ
未承認機器の注釈 この治療法で用いられる医薬品・医療機器は国内においては薬機法上の承認を受けていません。
*承認を受けていない医薬品・医療機器について「個人輸入において注意すべき医薬品等について」のページをご確認ください。