お肌・アレルギーでお悩みの方は荒木医院へお越しください。

084-922-0199

受付時間9:00〜18:00

  • HOME
  • よくあるご質問

メディカルエステ WOMEN

メディカルエステ MEN

皮膚科

アレルギー科

その他の診療

医院案内

採用情報

交通・アクセス

よくあるご質問

メニュー一覧

体験レポート

料金表

お知らせ

WEB予約

個人情報保護方針

サイトマップ

総合

受付、診察
妊娠中、授乳中
未成年
  • 未成年ですが、家族に内緒で施術を受けることができますか?


    A:
    保険診療の場合、保険証をお持ちください。自費診療の場合は法律によって保護者(親権者か後見人)の同意書が必要です。一緒にカウンセリングへお越しいただくと、分からない点など理解していただきやすいので、是非一緒にお越しください。
料金、お支払い
  • お支払いにはどの様な方法がありますか?


    A:
    現金の他にクレジットカードがご利用頂けます。当院ではVISA、MASTER、UFJ、MUFG、AMEX、NICOS、Diners、DC、JCB、J-Debitがご使用いただけます。カード会社によって分割回数やリボ払いの条件に違いがありますので、詳しくはカード会社までお問い合わせください。
  • 治療費がいくらかかるのか不安です。


    A:
    診察時に治療費がどの程度必要なのかは必ずお話させていただいております。治療内容と費用にご納得いただけた方のみ施術をいたします。
    ご希望であれば、施術代の見積りもお出しいたします。お気軽にご相談ください。

メディカルエステ、その他診療メニュー

回数、期間
  • 1回の施術でどのくらいの期間、効果が持続しますか?


    A:
    効果の持続期間は施術内容や普段のスキンケアにより異なりますが、どの治療も回数を重ねることにより効果がはっきりと現れてきます。もちろん1回だけの治療でも承りますが、まずは数回の施術をおすすめします。
  • 何回の施術で効果が出ますか?


    A:
    治療内容やお肌の状態により個人差はありますが、1回の施術でも効果は現れます。肝斑がある場合のシミは、6~12回の施術で徐々に効果が現れます。また、回数を重ねるごとに症状は改善されます。
    改善された後も効果を持続させるためには通院をお勧めしています。また、ご自宅で正しいスキンケアを行うことも改善の近道となります。
光治療
  • レーザーや光治療を受けるだけで、肌トラブルはなくなりますか?


    A:
    レーザーや光治療だけではなく、クールビタミントリートメントを併用することがポイントです。肌トラブルを解消するためには、正しいスキンケアとビタミンAやトラネキサム酸配合の化粧品を使うことが基本です。
    定期的に通院されるのも大切ですが、ご自宅のケアも適切なものに変えていただくとより効果を実感いただけます。当院では、ホームケア化粧品も取り揃えております。
  • 皮膚が弱いのですが、光治療を受けられますか?


    A:
    当院の光治療は肌の弱い方でも受けていただけるので、問題ありません。
    医師がお肌の状態に合わせて、出力を調整しながら治療をさせていただきますので、安心して治療を受けていただけます。
  • 光治療の効果はどのくらい持続しますか?


    A:
    光治療を受けた後、紫外線防止などによるアフターケアを適切に行っていれば、自然経過による光老化により再度シミなどが出現するまで、良い状態を保つことができます。
    良い結果が得られた後は、定期的なメンテナンス治療を継続されるとよりいっそう効果的です。
  • シミ治療(光治療)後、どうなりますか?


    A:
    シミの部分が約1週間でかさぶたになりますので、人前に出る行事の前は避けましょう。(コンシーラで隠れる程度の色です。)
レーザー治療
  • レーザーや光治療を受けるだけで、肌トラブルはなくなりますか?


    A:
    レーザーや光治療だけではなく、クールビタミントリートメントを併用することがポイントです。肌トラブルを解消するためには、正しいスキンケアとビタミンAやトラネキサム酸配合の化粧品を使うことが基本です。
    定期的に通院されるのも大切ですが、ご自宅のケアも適切なものに変えていただくと、より効果を実感いただけます。当院では、ホームケア化粧品も取り揃えております。
  • レーザージェネシスはショット数によって照射範囲が変わるのですか?


    A:
    どのショット数でも顔の場合は全体への照射となります。顔以外の部位についてはご相談ください。
  • レーザージェネシスのショット数による違いはなんですか?


    A:
    ショット数が多いほど効果が高くなります。ご予算によりお選びください。
  • ヤグレーザーの痛みはありますか?


    A:
    輪ゴムでバチンとはじかれるような痛みがあります。痛みを最小限に抑える為、保冷剤で冷やしてからの照射となります。照射後1~2時間はジンジンとした感じがございますが、時間の経過とともに落ち着いていきます。
  • ヤグレーザーは肝斑にも効きますか?


    A:
    強いレーザーで肝斑を照射すると更に濃くなってしまいます。肝斑に対してはダメージの少ないレーザー治療(レーザージェネシス、レーザートーニング)や光治療、内服・外用が効果的です。肝斑は、お肌をこすっていることにより出現するため、お肌を優しく取り扱うことが1番の治療方法です。当院では、肝斑に最適な治療法もありますので、ご相談ください。
  • エステで行なわれているレーザー治療とはちがうのですか?


    A:
    当院ではまず、医師が必ず診断をして治療を行います。また、エステサロンとは取り扱っている機械の出力が違います。
    医療レーザーは医師の管理が必要ですので、医師がいないエステサロンでは使用することができません。レーザー後に起こる炎症反応に対しても医師が診察しますので、的確な診断と処方が行え、安心して治療を受けていただくことができます。
  • レーザー治療は体に害はないのですか?


    A:
    当院で使用しているレーザーは全て皮膚治療を対象としていますので、内臓等に影響がある事はありません。
  • 日焼けをしたらレーザー治療は受けられないと聞いたのですが?


    A:
    ヤグレーザーや光治療といった表皮メラニンに強く反応する治療は、強い日焼けがある場合には延期する場合があります。きちんと日焼け止めを使用されていればいつでも治療は可能です。
    レーザー脱毛も設定を弱くすればある程度の日焼け時でも照射は出来ますが、治療効率を考えると過度な日焼けを避けて治療を行うことをおすすめします。
  • 光治療と同じ日に、レーザー治療などを受けられますか?


    A:
    問題なくできます。効果を高めるためにこちらからご提案することもあります。
  • レーザーによる肝斑の治療はできますか?


    A:
    肝斑に強いレーザー治療は状態を悪化させてしまいます。肝斑が気になる方は、来院していただき、シミの状態やご予算に応じて最適な治療法をご提案させていただきます。
  • レーザー照射後、注意することはありますか?


    A:
    強いレーザー照射部分は一度かさぶたになり、7日間程ではがれます。3日間は軟膏を塗りテープで処置をします。3日後からレーザー治療後の専用コンシーラを使って頂きます。かさぶたを無理に引っ掻いたりはがしたりしないよう注意してください。
    刺青・タトゥーの場合、一回の照射で除去することはできません。
    5~6回の照射が必要になります。日焼けをしてしまいますと照射できませんので、治療期間中は日焼けをしないように注意していただきます。
  • 昔からある傷跡や蚊に刺された跡にもレーザー照射できますか?


    A:
    傷跡の程度によりますが、ほとんどの場合レーザー照射可能です。
しみ、くすみ
シワ、たるみ
毛穴
ニキビ
ほくろ、イボ
刺青、タトゥー
肌質、スキンケア
  • 持って生まれた肌質って本当に変わりますか?


    A:
    限度はありますが、ご本人の考え方と努力で変えることはできます。
  • 肌をキレイにするために日常生活で一番気を付けることは何ですか?


    A:
    テレビやインターネットに関わらず、根拠のない情報に振り回されないことです。そのためには、信頼のできる医師にご相談ください。
  • 精神的ストレスと肌状態の関係はありますか?


    A:
    ありますが、紫外線(日焼け)や肌の乾燥予防の方が大切です。
  • アトピーですが施術を受けることはできますか?敏感肌だと思いますが受けれますか?


    A:
    症状の程度によって施術が可能な場合もございます。まずは医師が症状を診察させていただき、ご希望される施術が可能かどうかご相談させていただきますので、お気軽にご来院ください。
  • 正しい洗顔方法を教えてください。


    A:
    まずはお湯の温度に注意してください。体温よりも温かいお湯での洗顔は、ご自身の大事な天然保湿成分が奪われてしまいますので、冷たく感じるぬるま湯がよろしいです。クレンジング……クレンジング剤をたっぷり使い、皮膚と指の間にクレンジング剤がある状態で優しくお顔を包み込みます。皮膚が動くくらいの強さでこすって落としてはいけません。優しく包み込むようにして浮かせて落とします。洗顔……泡立てネットを使って、洗顔料をたっぷり泡立てます。泡で優しく洗顔します。化粧水……洗顔から時間をおかず、化粧水を両手に伸ばして、お顔を包
  • 皮膚が乾燥すると、なぜかゆいのですか?


    A:
    季節的には、秋から冬に乾燥してかゆみが強くなります。アトピー性皮膚炎のある方にもかゆみが強くなります。皮膚の角層という部位の水分量が低下するためかゆくなります。高齢者に多いです。湿度の低い冬に顕著となります。暖房のかけすぎや、ナイロンタオルで体を洗いすぎるのも良くないです。治療は、内服、外用剤などを必要時に用います。
  • 保湿剤の上手な塗り方を教えてください。


    A:
    保湿剤は皮膚が水分を吸収している入浴後に塗るのが効果的です。できれば入浴後5分以内に塗りましょう。指や手の平を使ってやさしく丁寧に、できるだけ広い範囲に塗ります。ワセリンなどの保湿軟膏は、皮膚の表面に膜をつくり、水分の蒸発を防ぎます。寒い時期は硬くなるので、手の平で温めて柔らかくしてから塗りましょう。
  • 自分の肌が分からなくて、施術メニューが選べないのですが…


    A:
    悩み別メニューページをご覧いただくか、記載が無いようでしたら、お電話やお問い合わせフォームよりご相談ください。まず診察のみでご来院いただいてもかまいません。
ピアッシング
プラセンタ
ボトックス
その他

レーザー脱毛

回数、期間
  • レーザー脱毛は永久ですか?


    A:
    レーザー脱毛をすると、全く毛が生えてこないということはありません。
    医療レーザー脱毛にも限界があり、細い産毛などで、反応しないものは脱毛出来ません。
    太い毛はほぼなくなりますが、身体に必要なものとして処理の必要のない程度のうぶ毛は生えてくるもとの認識してください。
  • 脱毛に適している季節はいつですか?


    A:
    年中可能ですが、できる限り紫外線対策を行ってください。日焼けした肌にレーザー脱毛を行うと、痛みが強くなったり、ひどい場合はやけどの危険もあります。また、レーザー脱毛後に紫外線にあたり過ぎると、しみの原因になることもあります。
機器
ビキニライン
男性ヒゲ
うぶ毛
その他
  • 授乳中・生理中にも脱毛できますか?


    A:
    授乳中、生理中でも問題ありませんが、VIOにつきましては、安全のためお断りしておりますので、ご了承ください。
    生理前、生理中は肌が敏感になっており、いつもより痛みを強く感じやすくなります。体調がすぐれない場合は無理のないようご検討ください。
    授乳中の方で産後の体調不良などがある場合は、医師の診察の上で判断させていただきます。
  • レーザー照射前のムダ毛の処理はどうしたらいいですか?


    A:
    決して抜いたりせず、かみそり等で剃ってきてください。剃毛しにくい部位は出来る限りで結構ですのでお願いします。
  • 医療レーザー脱毛とエステとの違いはなんですか?


    A:
    大きく違うのは取り扱っている機械の出力です。医療レーザーは、医師の管理が必要ですので、医師がいないエステでは使用することができません。また、スタッフは全員看護師です。レーザー後に起こる炎症反応に対しても医師が診察しますので、的確な診断と処方が行え、安心して治療を受けていただくことができます。こちらをご覧ください。
  • 医療レーザー脱毛は安全でしょうか?後遺症などありませんか?


    A:
    副作用は心配ありません。レーザー光線そのものが身体に悪い影響を及ぼすということはありません。レーザー脱毛は医療行為です。医師が皮膚の状態を見て確認して、管理の下に行いますので心配いりません。
  • 医療レーザー脱毛の痛みはどのくらいですか?


    A:
    痛みの感じ方には個人差があります。冷風或いは冷たいガスとレーザーが同時に出るので熱い、冷たい感じと、反応する毛の太さによって、ぱちんとゴムではじかれた様な痛みが同時にします。
  • 肌が弱く、アレルギー体質ですが大丈夫ですか?


    A:
    問題ございません。
    当院では、安全が認められた医療用レーザー機器を使用していますので、毛が持つメラニン色素にのみ反応して毛根に作用します。
    したがって皮膚表面や周辺組織に影響を及ぼしません。肌が弱い人は特に、カミソリ、毛抜きなどの自己処理よりも、レーザー脱毛が適しています。
    また、当院は医療機関ですので、お薬を併用して治療することもできますので、ご安心ください。
    ただし皮膚に炎症がある場合等は、症状が落ち着いてからの脱毛をおすすめします。また、アレルギー体質の方は事前にご相談ください。
  • 女性専用ですか?男性もできますか?


    A:
    男性のお客様にも多くご利用いただいています。ひげ脱毛やその他部位の脱毛も可能です。お気軽にご予約ください。
  • 脱毛期間中の日常生活での注意事項はありますか?


    A:
    日焼けは大敵ですので、施術前後はできるだけしないでください。治療が出来ない場合がございます。治療後すぐに運動をするなど、患部が蒸れると毛膿炎等のリスクが高くなります。また、脱毛前と期間中は、絶対に毛を毛抜きなどで抜いたり、照射部をゴシゴシこすらないようにしてください。
  • 脱毛前後は日焼けはしたらダメですか?


    A:
    脱毛用レーザーは黒い色に反応します。ですから日焼けでメラニン色素の増えた表皮にレーザー照射すると表皮にトラブルが起こりやすくなります。
  • 施術後にトラブルがあった場合、アフターケアはしてもらえますか?


    A:
    責任持って対応いたします。
  • レーザー脱毛処理後の炎症ってどんなのですか?


    A:
    赤み、腫れといった感じで通常2~3日です。症状の出方には個人差があります。
  • 医療レーザー脱毛の治療の流れを教えてください。


    A:
    初診の場合、ご来院いただきましたら、まず、問診表を記入していただきます。
    その後、カウンセリングを行いますので、色々ご相談ください。ご希望の治療部位が決まりましたら、診察に入っていただきます。
    医師による説明の後、治療承諾書にご署名をいただき、治療に入ります。アトピー体質(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、喘息)などのレーザー後の痒みが生じやすい体質の方には、抗アレルギー剤の飲み薬、必要な塗り薬を処方してもし痒みが生じてもすぐにご自分で対応できうる様にお勧めしております。
  • テスト照射は何故必要なのですか?


    A:
    痛みの程度を体験していただき、ご自身で経過を確認していただきます。
  • レーザー脱毛で肌がキレイになると聞いたのですが、なぜですか?


    A:
    脱毛レーザーは黒い色素に反応するためシミ取りレーザーとして使用される場合もあります。脱毛を始めると自己処理の回数も減り、美肌になるのです。
  • 脱毛レーザーはほくろに照射できますか?


    A:
    脱毛レーザーは黒い色素に反応しますので、黒いほくろには反応し、取れてしまうことがあります。お気に入りのほくろや、ほくろに反応させたくない場合は、処理前におっしゃってください。
  • どんな毛質でも脱毛は可能ですか?


    A:
    黒毛であれば可能ですが、硬い毛や産毛の場合は時間がかかることがございます。
  • うなじやビキニのデザインは自分でできますか?


    A:
    ご本人の希望される形に合わせて処理を行っております。カウンセリングの際にご相談ください。
  • 全身レーザー脱毛は可能ですか?


    A:
    可能です。ワキ、手足、背中、ビキニラインから、お顔の口の周りや額の産毛まで全身の脱毛が可能です。ただし、一度に全身のレーザー脱毛を受けられるのは皮膚に負担が大きいため、1回に2〜3部位ずつ徐々に増やしていきましょう。
  • 腕や足などの広い範囲の脱毛も一度に可能ですか?


    A:
    可能です。軽い痛みを伴う治療ですので、無理のない範囲で施術を受けることをおすすめします。
未成年
  • 未成年でも医療レーザー脱毛を受けられますか?


    A:
    未成年の方でも可能です。当院に通われている高校生の方もいらっしゃいます。成長段階でのスタートは、毛細胞が新たに作られるためなかなか減りづらいですが、ご希望の場合はご相談ください。未成年の方は保護者の方の承諾書が事前に必要です。