よくあるご質問 FAQ

メディカルエステ

肌質・スキンケアについて

花粉症の時期に毎年肌荒れを起こします。何か対策はありますか?
花粉症の時期だけでなく調子が良い時もアレルギーの治療を行う事と肌の保湿でバリア機能を高める事が重要です。またビタミンAとトラネキサム酸のスキンケア製品を使うことでもアレルギーに強い肌にできます。
化粧品が途中で無くなった場合どうしたらいいですか?
化粧品のみ受付で購入する事ができます。
お化粧品の購入は午後からもできますか?
購入可能です。
口唇のカサカサにいいものはありますか?
ワセリンをこまめに塗ると効果的です。
クールビタミントリートメントのみの予約は取れますか?
もちろん大丈夫です。ただ金額が単品とセット料金では違うのでご注意下さい。
化粧品の相談に午後から行っても大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。
化粧品だけ買いにいく事はできますか?
診療時間内に診察券をお持ちのうえお越し下さい。
化粧品の購入だけでも診察が必要ですか?
診察は不要です。
冬になると乾燥がひどくなってしまいますが腕や足の脱毛はしても大丈夫ですか?
毎日、保湿ケアをして頂き肌の状態をみながら行う事は可能です。
化粧品を使用しないと治療は受けられないのですか?
治療はできますが、良い結果を出していくためにはスキンケア製品はとても重要です。
化粧品だけ購入するために行ってもいいですか?
大丈夫です。
AIフェイスオイルは直接肌に塗ったらダメですか?
ビタミンAが高濃度で含まれている為、まずは0.5~1プッシュをトラネキサム酸の化粧水と乳液に混ぜて使用する事をオススメしています。目や口の周りに乾燥を感じなければ徐々に量を増やしていくと、効果を実感できます。
正しい洗顔方法を教えてください。
まずはお湯の温度にご注意ください。体温よりも温かいお湯での洗顔は、ご自身の大事な天然保湿成分が奪われてしまいますので、少し冷たく感じるぬるま湯がよろしいです。
クレンジング……ジェル、クリーム或いはオイルを使って指で優しく顔全体になじませて落とします。皮膚が動く強さでこすって落としてはいけません。こすらないと落ちないような濃いメイクをすると肝斑が生じてきますので注意が必要です。
洗顔……泡立てネットを使って、洗顔料をたっぷり泡立てて伸ばします。手をお顔の皮膚に接触させずにこすらず、泡だけで優しく洗顔します。
化粧水と乳液……洗顔から5分以内に化粧水と乳液をそれぞれ両手に伸ばして、お顔をやさしく包み込むように塗ります。その際、塗り込んではいけません。また、コットンで塗ると皮膚のバリア機能を壊してしまいますので使わないようにしましょう。
保湿剤の上手な塗り方を教えてください。
保湿剤は皮膚が水分を吸収している入浴後に塗るのが効果的です。できれば入浴後5分以内に塗りましょう。指や手の平を使ってやさしく丁寧に、できるだけ広い範囲に塗ります。ワセリンなどの保湿軟膏は、皮膚の表面に膜をつくり、水分の蒸発を防ぎます。寒い時期は硬くなるので、手の平で温めて柔らかくしてから塗りましょう
ビタミンA配合のAIフェイスオイルは朝も使用して良いですか?
ビタミンA反応に慣れるまでは夜のみで使用し、肌のカサツキ具合を見ながら朝も追加してください。なおAIフェイスオイルは必ず化粧水と乳液に混ぜて使用してください。
肌をキレイにするために日常生活で一番気を付けることは何ですか?
テレビやインターネットに関わらず、根拠のない情報に振り回されないことです。そのためには、信頼のできる医師にご相談ください。
自分の肌が分からなくて、施術メニューが選べないのですが…
悩み別メニューページをご覧いただくか、記載が無いようでしたら、お電話にてご相談ください。まずは診察のみでご来院いただいてもかまいません。
持って生まれた肌質って本当に変わりますか?
限度はありますが、ご本人の考え方と努力で変えることはできます。
精神的ストレスと肌状態の関係はありますか?
ありますが、紫外線(日焼け)や肌の乾燥予防の方が大切です。
皮膚が乾燥すると、なぜかゆいのですか?
季節的には秋から冬に乾燥してかゆみが強くなります。アトピー性皮膚炎のある方にもかゆみが強くなります。皮膚の角層という部位の水分量が低下するためかゆくなります。湿度の低い冬に顕著となります。暖房のかけすぎや、ナイロンタオルで体を洗いすぎるのも良くないです。治療は、内服、外用剤などを必要時に用います。
化粧水を塗る時はパッティングをした方がいいですか?
パッティングする事で肌に刺激が加わりシミの原因になるので、パッティングはせず、やさしく手でなじませてください。
敏感肌にオススメのスキンケア製品はありますか?
当院ではNAVISION DR製品の"バリアシリーズ"とビタミンAが配合された"AIフェイスオイル"を組み合わせることで、敏感肌の方でも安心して使っていただいております。
アトピー、または敏感肌でも施術を受けることはできますか?
症状の程度によって施術が可能な場合もございます。まずは医師が症状を診察させていただき、ご希望される施術が可能かどうかご相談させていただきますので、お気軽にご来院ください。
日焼け止めは冬も塗らないとダメなんですか?
冬もしっかり日焼け止めを塗っていただき、お肌のためには年中紫外線対策を行ってください。
化粧水、乳液以外に美容液を販売していますか?
目的に合わせた美容液がありますのでスタッフにご相談ください。
荒木医院で販売している日焼け止めは子供にも使えますか?
医療機関でのみ販売している肌に優しいタイプの日焼け止めですので、お子様にも安心してお使いいただけます。
化粧品を郵送していただけませんか?
郵送でのご購入も承っております。8,000円(税別)以上のご購入で送料が無料になります。
使用していた化粧品が急に合わなくなりました。そのような事はありますか?
時期的なものや体調などで一時的に異変を感じることもありますので不安な時はいつでもご相談ください。